アクセスボタン 問い合せボタン
スタッフ日記

スタッフ日記詳細

体温調節と自律神経


まだ9月も最初だというのに、肌寒く感じる天気が続いています。日中は暑くても朝夕などは寒いという感じです。

暑かったのに急に寒くなると、体調を崩すことがあります。

 

私たちは、暑いときには汗をかき体の熱を逃がします。こういった体温調節は意識して行うのではなく、生まれにしてながらに備わっていますが、その調節がうまくできないという場合もあります。

通常時の体温は個人差があり35度くらいから37度ですが、年齢によっても違います。新生児、幼児は高いですが、年齢を重ねるごとに低くなり、高齢者が最も低くなります。

また、一日の中でも体温は変化します。朝方は低く、夕方になると高くなります。

 

体温を調節しているのは自律神経です。自律神経は急激な温度差(5℃以上)には対処しにくく、それ以上の温度差になるとバランスが崩れる要因となってしまいます。

体温の調節中枢は、間脳の視床下部にあり、体温調節の司令塔のような役割をしています。私たちが自分でコントロールするわけではなく、周りの環境温度や皮膚温度などから、発汗させたり、血流を変化させたりしながら調節します。

夏は、暑い屋外から冷房の効いた部屋に入る機会も増えます。最初は心地よいですが、30℃の環境から急に涼しい部屋に身を置くというのは、自律神経のバランスを崩しやすく体調不良を招きます。

環境の温度に対して適切な体温調整ができる(周りの温度の変化にかかわらず、一定した体温を保てる)ということは、とても大切です。外温の変化に伴って体温も変化している爬虫類や両生類は、寒さの厳しい冬には冬眠(休眠)します。

普段から代謝機能や自律神経系のバランスを整えておきましょう。

 

m\'s company  エムズカンパニー

住所
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見4-6-18

TEL 03-6411-3455
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1NApUoB
  • facebook
  • twitter