アクセスボタン 問い合せボタン
スタッフ日記

スタッフ日記詳細

歯周病と病気の関係


496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

 

年を重ねると、よく食べた物が歯に詰まったりしませんか?

それは歯茎が痩せて下に下がって、歯と歯との間に隙間ができてしまうから。

小さい頃は、大人が爪楊枝を使っているのを見て不思議に思っていましたが、この年になると気持ちがよくわかります。

 

歯周病はハグキ(歯肉)、歯槽骨(しそうこつ)などの病気で、細菌によって引きおこされる感染症です。お口の中に細菌が定着すると炎症が起こり、ハグキが赤くなったり、腫れたりします。歯が揺れるようになると、食べ物を噛んだり、歯ブラシが当たっても痛くなります。

この炎症が継続して起こると、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊され、治療を行わないと最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病というと、お口の中への影響だけと思いがちですが、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。

歯周病と関連があると言われている症状には  (SUNSTAR より引用)

糖尿病

・心疾患

・誤嚥性肺炎

・骨粗鬆症

・早期低体重児出産  などがあります。

 

糖尿病は、高血糖が続く疾患で、血糖を下げるホルモン(インスリン)が足りなくなったり、うまく作用しなくなることで起こります。

血糖値が高い状態が続くと、様々な合併症が起きやすいとされており、歯周病は糖尿病の合併症として捉えられています。糖尿病の人は、糖尿病でない人に比べて歯周病になるリスクが高いという報告や、歯周病の治療によってハグキの炎症が改善すると、インスリンが働きやすい状態になって、血糖値が改善する可能性があるという報告があります。

 

心疾患は、食生活や運動、ストレスなどの積み重ねが引き起こす生活習慣病です。

歯周病のある人は、ない人と比べて心疾患を発症するリスクが高いことが報告されています。歯周病が重篤であればあるほど、その発症リスクが高くなるとも言われています。これは、歯周病によってハグキで産生された炎症性物質が血流を介して心臓血管にも影響を及ぼすためと考えられています。

 

誤嚥性肺炎とは、自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こしてしまうことをいいます。肺や気管は、咳など身体が生理的に反応することによって守られていますが、生理的機能が衰えると上記のようなことが起こります。歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症、脳血管障害、手術後など、食物の飲み込みを上手く行えない人は、特に注意が必要です。

 

骨粗鬆症は、一般的に、長年の生活習慣などにより、骨が弱くなる病気です。全身的に骨が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられています。一方で、歯周病は、歯を支えるハグキを破壊する病気です。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗鬆症は歯周病を進行させる一因と考えられています。

 

早期低体重児出産・・・妊娠中の女性で歯周病の人は、そうでない人に比べて低体重児出産や早産する確率が高いことが報告されています。妊娠中の女性は、つわりによって口腔清掃が不良になりやすいため、歯周病に罹りやすくなります。歯周病による炎症性物質がへその緒を通じて胎児に影響するため、早期低体重児出産の確率が高まると考えられています。

 

酸素カプセルと免疫力向上サポートシート、水素水で皆様の健康のサポートをする!をモットーに、酸素カプセルサロン emu. のスタッフ は日々健康について勉強していますが、お口の中で起きることが身に影響するといえば、消化不良が起こるのではないかというくらいしか理解していませんでした。

食は、体を作るうえでも、体力、健康を保つためにもとても重要です。

虫歯を気にしてるだけではだめですね。健康な歯と歯茎を維持し、食生活を豊かにし、いつまでも健康でいましょう!

 

 

                                                              

 

m\'s company  エムズカンパニー

住所
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見4-6-18

TEL 03-6411-3455
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1NApUoB
  • facebook
  • twitter